赤ちゃんを育てる美味しい母乳と子供を育てる親の愛情。娘みのりんと新米ママの子育て悩み日記

すくすく育つ魔法のおっぱい

子供のために 幼児教材

幼児ポピー|自宅で育つ子供のための幼児教材で幼稚園入園に備えよう

投稿日:

保育園に行かずに幼稚園に入った子供と、保育園に行っていることの学習能力の差には大きな開きがあります。
2歳~3歳の子供のほしい学習を与えてあげるのが重要です。

その溝を埋めてあげるのは親がどれだけ子供の目線で寄り添っているか!
でも、毎日長い時間を子供の目線になって寄り添うのはとても難しいことです。
家庭で学習する子供のための幼児ポピー「ポピっこ」は「親子でいっしょ」に学んでいくことをサポートしてくれる教材です。

親と子だけでは難しい下記のような成長を促すことが出来ます。
・知的・学習活動
・心の成長をサポートすること
・学びたい意欲を助けること
・体の動きも統括する「脳」を育てること

すべてのバランスをしっかりと考え抜いた教材です。

ポピー教材は脳波測定で効果を実証

2006年から毎年、諏訪東京理科大学にて篠原菊紀教授(諏訪東京理科大学教授)の指導でのもと、
「親子で幼児ポピーを使っているときの脳活動」を測定しています。

この測定は世界中を見ても、数少ないな実験です。
幼児ポピーに取り組む子どもとアドバイスする親に分けて脳波の測定を行います。
その実験では、親も子供も、双方の脳が活発に活動していることが確認されています。

付録が多くない

幼児教材ポピー
付録が多くないのは、幼児を持つ親にとって重要な点だと思います。
付録は最初の食いつきは良くてもすぐに飽きてしまって、結局はゴミ箱行きのものが多いと感じる方もいると思います。

ポピーは適度な付録に気を配っているとホームページでも明言しています。

ももちゃんがいつでもサポート

momo_c_26幼児教材ポピーモモちゃん

赤ちゃんから幼児へとどんどんと成長していくのがこの時期の特徴です。

まわりの真似をすることから始まって、徐々に自分の考えや主張を持ち始めます。
「イヤ!イヤ!」というのは必要なプロセスの一つですね。

可愛い反面、扱いが難しい時期です。
この時期だからこそ、親子のふれあいを楽しむことが重要です。

動画紹介 4月号 ぴょんぴょん ジャンプ

【目的】ひざの使い方を身につけ、足の力をつけること

教材ガイド

ぽぴっこモモちゃん 4月号

・情操(こころ)を育むページ
・体遊びや生活のページ
・しつけ(からだ)のページ

ちょうどよいバランスが考えられています。
image

・知恵(あたま)を育むページ

絵本の中でかくれんぼです。

image

ミニ絵本

親子のコミュニケーションで重要なのはやはり絵本!
ふれあいながら情操を育んだり、知識を増やしたり、空想力を付けることを考えられている絵本が毎号入っています。

image

見本申し込みは無料

いきなり申し込むのは不安。
私も同じく不安を感じます。
お試しの「お試しモモちゃん」も十分楽しめる内容になっています。

-子供のために, 幼児教材
-, , , ,

Copyright© すくすく育つ魔法のおっぱい , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.