赤ちゃんを育てる美味しい母乳と子供を育てる親の愛情。娘みのりんと新米ママの子育て悩み日記

すくすく育つ魔法のおっぱい

おっぱいケア おっぱいのあげかた 授乳期

授乳期の疑問質問Q&A

投稿日:

[faq_q color="green"]母乳の分泌に不安がある母乳不足ママ[/faq_q]

[faq_a]母乳不足に悩むママのためのハーブティーをお勧めしています。
同時におっぱいの為に出来ることをやってみてください。
体を温める食事を積極的に取って、体内を温めることを意識しましょう。
温めることで母乳製造の元である血液の巡りがよくなり、分泌が促進されます。
軽いストレッチも有効です。[/faq_a]

[faq_q color="green"]赤ちゃんの体重が増えず不安があるママ[/faq_q]

[faq_a]授乳間隔を短くしましょう。吸われれば吸われるほどおっぱいには母乳を分泌する能力が備わってきます。必要な分だけ分泌するからです。 泣いたらおっぱいを加えさせましょう。
最初の1~2か月は、ママの体力が許す限り赤ちゃんの要求にこたえてあげましょう。
ママが休みたいときにはミルクを足すという選択肢もありです。 生後1~3か月の子は1日平均で15~20gの増加、一か月で500~600g増えていれば問題ありません。 ミルクの子はもっと増加率が高いですが、母乳の子はこの増加率で足りています。3か月以降は体重の増加がぐっと減りますが、それが正常なことです。[/faq_a]

[faq_q color="green"]母乳が足りてるか不安のママ[/faq_q]

[faq_a]一日のおしっこの回数を考えてみましょう。
6回程度のおしっこが出ていれば、それは母乳が足りています。ここでやってはいけないのは、毎回の授乳で搾乳して測って与えるということです。 搾乳することと、赤ちゃんが直接吸うのでは大きな違いがあります。 赤ちゃんは母乳を上あごと舌を器用に使ってしごき出し、出たオッパイを吸い込んでいますが、搾乳機は吸い出すだけです。そのため、搾乳機では効率よくオッパイを出すことが出来ません。搾乳機で出なくても赤ちゃんが吸えば出ている場合も多いです。[/faq_a]

[faq_q color="green"]母乳がどのくらい出ているのかわからない。[/faq_q]

[faq_a]母乳の分泌量は多くのママが不安になります。 確認するのは2点です。
・おしっこが一日6回程度出ている。
・一日平均の体重増加量は15g~20g

この2点に該当していれば母乳は足りています。
それでも足りない場合は、授乳の回数を増やしてください。増やすことによって母乳の出も促進され、赤ちゃんに必要な量が徐々に出てくるようになります。
足りないのでミルクを足してしまうと、授乳頻度が減り、間隔があいてしまうので母乳の分泌量を増加することが出来なくなってしまいます。 それでもミルクが必要な場合は、必要量より10~20ccほど少なく与えておっぱいを吸うように誘導しましょう。[/faq_a]

-おっぱいケア, おっぱいのあげかた, 授乳期

Copyright© すくすく育つ魔法のおっぱい , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.